梅田の風俗なら人妻ホテヘル 大奥 梅田店人気アクセスキーワード

大奥 出勤情報

【時間帯別】風俗の特徴|昼と夜の違い・混雑しにくい日の狙い方

風俗店を含むナイトレジャー系のお店は、仕事終わりなど夜の時間帯に利用する男性が多い傾向です。しかし、なかには朝から営業を行っている風俗店もあり、実際は好きなタイミングで風俗店を利用できます。

風俗の利用を考えている男性は、時間帯による風俗店の特徴や違いについて、詳しく知りたい人も多いでしょう。

今回は、時間帯別の風俗店の特徴を解説します。混雑しやすい日・混雑しにくい日の特徴も併せて解説するため、空いている時間帯を狙って風俗で遊びたい人は、参考にしてください。

 

1.【時間帯別】風俗の遊び方・特徴

風俗店は、時間帯によって遊び方やお店の状況に違いが見られます。時間帯別の特徴は以下のとおりです。

6時~12時 早朝タイムサービスや口開けを楽しむことができる時間帯です。出勤前のサラリーマンや風俗ファンの利用が多く見られます。
12時~18時 1日のなかでも落ち着いている時間帯です。予約が取りやすく待ち時間も少ないため、快適に遊ぶことができます。
18時~24時 1日のなかでもっとも忙しくなる時間帯です。仕事帰りの人を中心に多くの人が利用するため、混雑が予想されます。
24時~翌6時 店舗型風俗は営業できないため、デリヘルの利用が増える時間帯です。深夜2時以降はタイムサービスを行っているお店が多くなります。

ここでは、それぞれの時間帯の遊び方や特徴について詳しく解説します。

 

1-1.6時~12時|その日最初の客になれる

店舗型の風俗店は早朝6時から深夜24時まで営業できるため、朝の早い時間から開店している風俗店もあります。

6時~12時の時間帯に風俗店を利用する最大のメリットは、その日の最初の客になれることです。出勤直後の女の子は体力的にも精神的にも余裕があるため、上質なサービスを期待することができます。

最初の客になることは「口開け」と呼ばれており、人気の女の子の口開けを積極的に狙う風俗ファンも多くいます。口開けを狙う場合は、土日よりも平日を狙うほうが競争倍率が低いため、おすすめです。また、午前中の時間帯は、集客を目的にタイムサービスを行うお店もあります。

 

1-2.12時~18時|待ち時間がほぼなしで遊べる

12時~18時という昼間の時間帯は、多くの人が仕事をしている時間帯であるため、風俗店は基本的に空いています。予約が取りやすく待ち時間も少ないため、狙い目の時間帯と言えるでしょう。

また、昼間しか働けない女の子が出勤しているケースが多いため、夕方以降の時間帯と出勤している女の子の層が異なることも特徴です。昼間ならではの顔ぶれを楽しめることは、12時~18時の時間帯がおすすめである理由の一つです。

ただし、土曜日・日曜日は昼間から混雑するお店も多くなります。12時~18時の時間帯で風俗を利用する場合は、なるべく平日を狙いましょう。

 

1-3.18時~24時|たくさんの女の子が出勤している

仕事帰りの人が多く来店する18時~24時の時間帯は、風俗店が1日のうちでもっとも忙しくなる時間帯です。客入りが良く稼ぎ時であるため、たくさんの女の子が出勤しています。

お客さんが多く混雑しやすいことから、この時間帯に遊びたい場合は早い時間に予約することがポイントです。特に、人気のある女の子はすぐに予約が埋まることも珍しくありません。快適に遊ぶためには工夫が必要な時間帯と言えるでしょう。

 

1-4.24時~6時|基本的にデリヘルのみとなる

24時以降は、店舗型の風俗店が風営法により営業できないため、風俗を利用する場合はデリヘルが主となります。翌1時~2時までは、他の風俗店で満足できなかった男性客や、遅くまで残業をしていた男性客などが、デリヘルを利用する傾向です。

翌1~2時以降の時間帯から早朝6時までは基本的に空いており、料金の割引を実施するお店も多いため、狙い目の時間帯と言えるでしょう。ビジネスホテルなどに宿泊している場合や、日付が回るまで残業を行った場合は、デリヘルを検討することがおすすめです。

 

2.風俗における混雑日・混雑しにくい日の特徴

風俗をじっくりと楽しみたい場合は、時間帯だけでなく風俗店の繁忙期・閑散期の特徴も把握することが重要です。繫忙期や閑散期の特徴を把握することで、混雑を避けられるだけでなく、女の子から上質なサービスを受けることが期待できます。

ここでは、風俗店が混雑しやすい日・混雑しにくい日の特徴について解説します。

 

2-1.混雑しやすい日

混雑しやすい日は、基本的に世間一般の流れから把握することができます。風俗店が混雑しやすい日の代表例は以下のとおりです。

○大型連休

年末年始・ゴールデンウィーク・お盆といった大型連休は、年間を通して風俗店が忙しい時期となります。風俗ファンだけでなく、普段風俗に行かない人も友人と一緒に来店するケースがあるため、相当な混雑が予想されます。

○連休の最終日

連休中は平日よりもお客さんの数が増える傾向にあり、特に連休の最終日は家族サービスや連休中の予定を終えた男性が来店するため、風俗店は高確率で混雑します。しかし、夜から閉店の時間にかけては次の日に備えて休む人も多いため、比較的空いています。連休中に風俗店で遊びたい場合は、最終日の21時以降を狙ってみましょう。

○大雨・台風の日

大雨や台風の日は、天候により仕事が休みになる人が多く来店するため、風俗店は忙しくなる傾向にあります。また、天候により客足が遠のくことを嫌うお店は、キャンペーンを開催することも多くあります。キャンペーン目当てのお客さんが集中する場合があるため、決して空いているとは言えないでしょう。

悪天候の場合、風俗店は混雑していないと考える人も多くいますが、実際は混雑するケースも多いため注意してください。

 

2-2.混雑しにくい日

風俗店が混雑しにくい日には、わかりやすい特徴があります。混雑しにくい日の代表例は以下のとおりです。

○キャンペーン日の翌日

風俗店がキャンペーンを行うと、普段は高額な風俗をお得に利用できるため、お客さんが殺到します。しかし、キャンペーンの熱が冷めた翌日は空いていることが多く、普段よりお客さんはいません。

コストよりも待ち時間を少なくしたい場合や、お気に入りの女の子を指名したい場合は、キャンペーン日の翌日を狙うことがおすすめです。

○女の子の出勤が少ない日

女の子の出勤が少ない日は、お店に来店するお客さんの人数が少なくなるため、混雑を避けることができます。混雑する状況を避けたい人は、あえて女の子の出勤が少ない日を狙うこともおすすめです。

ただし、女の子の選択肢が少なくなるため、お気に入りの女の子にお客さんが集中してしまい、予約が取りづらくなる場合があります。

○大型イベントの開催中

野球・サッカーなどの人気スポーツの試合が開催される日や、お祭りの期間中など、世間的な大型イベントの開催中は風俗店が空いている傾向にあります。多くの人がイベントに熱中することで忙しく、イベント期間中に風俗店で遊ぶお客さんの数は少なくなるためです。

風俗店の混雑を避けたい人にとっては穴場の日となるため、大型イベントの内容に興味がない場合は、積極的に利用することをおすすめします。

混雑しにくい日を狙って、快適な風俗遊びができるようにしましょう。

 

まとめ

風俗は、他のナイトレジャーと同じく「夜の遊び」というイメージを持つ人がいますが、実際には24時間楽しむことができます。遊ぶ時間帯や時期によってお店の状況は異なるため、あらかじめ特徴を把握しておくことで、自分にメリットのある遊び方ができるでしょう。

風俗で遊ぶ時間が決まっている人も、いつもとは違う時間帯に遊んでみると、違った楽しみ方を発見できる可能性があります。混雑しやすい日・混雑しにくい日の特徴を踏まえ、快適な風俗遊びを実現しましょう。

グループ店舗一覧

梅田

日本橋

難波